タイルの塗装

耐久性・耐候性ともに高く、デザイン性の高さからも人気があるタイル外壁。

一般住宅はもちろんのこと、マンションやビルにもよく使われていますよね。

外壁塗装などのメンテナンスが不要ということから、

新築時に採用した人も多いのではないでしょうか?

しかし、最近では、公害による汚染や酸性雨が深刻化してきたことが原因で、

目地のシーリングやコーティングを溶かし、

それらによる油分や外気の汚れが混じり合って、

メンテナンスなしでは耐えられない状態となっています。

そのため、タイル外壁であっても、外壁塗装による補修が必須となっているのが現状です。

一度ご自宅のタイルを確認してみてください。

タイル外壁の耐久年数は長ければ30年とも言われていますが、

もし現時点でタイルに汚れが付着しており、

水拭きしても汚れが落ちない場合は外壁塗装をする時期です。

タイル壁の外壁塗装は、サイディングやコンクリート、トタンなどの外壁とは方法が違います。

最初に壁面を洗浄するのは同じなのですが、

高圧洗浄のみで済ませることはほとんどありません。

なぜなら、油分を含んだ汚れや排気ガスによる独特の汚れは、

いくらパワーのある高圧洗浄機を使用したとしても完全に落としきることはできないからです。

そのため、タイル洗浄には酸性フッ化アンモンを含んだ薬品を使用します。

タイル面の汚れに合わせて薬品の強度を選び、

刷毛や研磨剤を使った丁寧な洗浄が必要となるのです。

薬品を使って十分に汚れを浮かせることができれば高圧洗浄を行います。

ただ、それでも汚れが残る場合は再度洗浄しなければいけません。

タイルが本来の色を取り戻して初めて下地処理が完了となるのです。

下地処理を終えれば塗装です。

塗装方法は、どうしても汚れが残るタイルに対してペイントする「ペイントリフォーム」と、

タイルの色を残して塗膜のみを作る「クリア塗装」があります。

汚れがひどくなくてもペイントリフォームをすることはできますが、

現在のタイル調が嫌でなければクリア塗装がおすすめです。

クリア塗装なら、万一汚れが付着したとしても雨で自然に流れたり、

簡単な清掃で除去することができるからです。

しかも、一度クリア塗装をするとその後の耐久性は12~15年とも言われ、

当面メンテナンスの必要はなくなります。

ただ、一方では、透明塗料は紫外線に弱いために数年で剥がれてしまうとも指摘されています。

しかし、最近では耐候性の高い塗料が開発されたことで問題はなくなっています。

安心してください。

タイルの外壁塗装を成功させるには、

使用する塗料よりも、いかに適切な下地処理をするかにかかっています。

下地処理で適当な洗浄をしてしまうとクリア塗装をしたとしても意味がありません。

汚れは目立ち、さらにはその汚れのせいで密着性は下がり、

すぐにメンテナンスが必要となってしまいます。

Comments are closed.