モルタルの塗装

昔から日本家屋の多くに使われてきたモルタル外壁。

現代は少しずつ減ってきているとは言われているものの、

和風の住宅だけでなく、洋風建築にも採用されることもあり、一定した人気を保っています。

モルタル外壁とは、ラスという網状の金物の上にモルタルを施した外壁のことで、

耐久性・耐火性ともに高く、塗装の仕方によってはさまざまなデザインを作り上げることが可能です。

また、サイディング外壁よりも高級で重厚感のある仕上がりになるのが特徴。

ただ、劣化し始めてしまうと、他の外壁に比べ、劣化状態がわかりやすいというのが難点…。

サイディング外壁のようにパネルを貼り合わせているわけではなく、

区切りなく塗料が塗られているため、

一度クラックが生じてしまうと広がりやすくなってしまいます。

他には、塗装が不十分の場合は、

塗膜表面が浮き出てしまったり、気泡が目立ってきたりしてしまうことも。

もし、目視でこのような劣化を確認することができたら、

そろそろメンテナンスをする時期かもしれません。

モルタル外壁の理想のメンテナンス期は、前回の施工から10年前後経過したときです。

丁寧に施工されており、耐久性の高いシリコン樹脂塗料やウレタン樹脂塗料などが使われている場合は、10年経つまでは美しく維持されています。

しかし、安価なアクリル樹脂塗料の場合は、そもそもの耐久年数が5年程度であるため、

10年経たずして外壁塗装をし直す必要があります。

モルタル外壁の外壁塗装工程は、

まず高圧洗浄でチョーキングを除去していきます。

まれに、高圧洗浄なしで塗装を始める業者がいるようですが、

高圧洗浄をして汚れをきちんと落とさなければ、塗料の密着性を大幅に下げてしまいます。

密着性が引くとすぐに塗料が浮き上がってくれるので、

必ず見積もり時には高圧洗浄をするかどうかを確認しましょう。

そして、下地処理ではひび割れ部分をシーリング材や微弾性フィラーで補修します。

ひび割れを放置したままにしておくと、塗料が内部に侵入してしまい、

外壁そのものをダメにしてしまうからです。

また、より塗料の密着度をアップさせるために、サンドペーパーなどを使って壁を敢えて傷つける作業も大切です。

モルタルの外壁塗装では、下地処理をいかに丁寧にするかで仕上がりや耐久性が大きく違ってきます。

下地処理が完了したら、塗装です。

塗装は下塗り・中塗り・上塗りの三段階に分けて行われますが、

上塗りは吹付け塗装とローラー塗装の2種類あります。

吹付け塗装は、施工時間を大幅にカットすることができ、さらにはデザイン性豊かな外壁を作り上げることができます。

ただし、実際に外壁に付着する量と同じくらい周りに塗料が飛散してしまうため、

高所の施工や住宅が密集しているエリアでの施工は難しくなってしまいます。

一方、ローラー塗装は、施工時間はかかるものの無駄な飛散がなく、どんな場所でも施工可能です。

しかし、直接外壁に塗布することから、熟練者でなければ美観性良く仕上げることは難しいとも言われています。

工期やコスト、希望の仕上がり等考慮しながら選択しましょう。

モルタル外壁は、クラックや塗膜剥離が生じると見る見るうちに劣化していきます。

カビが発生していたらすぐに掃除し、キズを発見したらすぐに業者に連絡をしてメンテナンスすることが、いつまでも美しく保つ秘訣です。

どの塗装業者に相談すればわからないという方は、まずはこちらのサイトで無料見積りをして相場を掴んでおくと良いかと思います。
▼外壁塗装の無料見積サイト:「外壁塗装の窓口